万能でまぐれな国境越え方法 ウズベキスタン – タジキスタン

シェアしちゃおう!!

Pocket

一平です。

突然ですが、ウズベキスタンに行ってきました。(2018年5月時点)

イモトのWi-Fi

つい最近イッテQに取り上げられたウズベキスタンですが。

どうやら同時期にイッテQしてたようで、地元でもテレビが来ていると大騒ぎになっておりました!(※日本語を話せるウズベキスタンの友人からの現地情報です)

⇨参考:(https://natalie.mu/owarai/news/281931

今回はそんなウズベキスタンからタジキスタンに行ってきたので、

国境越えの変わった方法について書いてみたいと思います!

クッパのようなおじちゃんと国境越えした話。

ある意味で万能で、ある意味でまぐれな方法なので、

こんな方法もあるんだな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜・・・。

と遠い目で見ていただければと思います。

2016年度版、世界の歩き方とは少しちがった国境の越え方について、

ウズベキスタン⇨タジキスタンへは

陸路での国境越えになります。

一般的に聞く主な方法は、

  • 徒歩
  • タクシー
  • 乗り合いバス
  • 電車(寝台)

を駆使して移動するものです。

特に、国境付近まで、タクシー・乗り合いバスで乗せてもらい、

国境は徒歩で越え、国境を越えた先でタクシーなりを拾うのが普通かと思います。

しかし、今回はタクシーのみで国境越えをしてみました。

基本情報

サマルカンド周辺からタジキスタンへ向かう国境は2箇所あります。

  1. サマルカンド⇨ペンジケント⇨ドゥシャンペ
  2. デナウ⇨ドゥシャンペ

特に、2016年版『世界の歩き方』では、1の経路は国境が封鎖されていると記載されております。

しかし!

今回は果敢にも1のコースで国境越えを行ってみます。

※ノープランで行ったため、『世界の歩き方』の封鎖の項目に気づいたのは、1のコース半ばだったというのはナイショの話。。。

クッパ(タクシーのおっちゃん)との出会い

国境を越えるにも、タジキスタンでは引き落としが厳しそうと考え、

サマルカンド唯一のキャピタルバンクへ向かう。

そこまで、向かうために、たまたま止めたイエロータクシーのおっちゃん。

※写真はイメージです。

見た目はまさにクッパ!(特に笑い方が)

後にこの出会いが、この旅行の大きな出会いにつながる。

サマルカンド⇨ペンジケントへ

一行はサマルカンドを10時頃出発。

まず、パンジケント手前のバスターミナルへ向かいます。

一行はクッパとともにタクシーでバス停を目指した。

ここに来て気づいたことがあった。

・・・・。

国境封鎖中って。。。一瞬脳裏に嫌な予感がしたものの、

タクシーは進む進む。

クッパは笑う笑う。

 国境到着

約1時間半程度で国境に到着。

そこで待ち構えていたのは。

闇トレーダー達・・・

↓囲まれる一平一行

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

そのとき、でした、

クッパが本気を見せたのは!

『お前ら、両替はいいのか?ビザはあるのか?』

『わかった』

『乗れ!』(⇨周りを威圧)

(※クッパはウズベク語しか話せませんが、この時だけ3人とも理解できました。)

※写真はイメージです。

クッパと国境越え

まさかとは思ってましたが、クッパも国境を越えることになりました。

しかも、タジキスタン国境で、警備員に通訳までしてくれる対応。

3人とも、気分は無敵。

結果、40分程で国境越えを終えてしまいました。

国境を越えてクッパが一言。

『タ〜ジキ〜スタ〜〜〜ン〜〜!』

もう大好きw

タクシー国境越えまとめ

  • お金は少し高い(3人で120ドル程)
  • 時間は圧倒的に早い(体感では爆速でした)
  • 国境越えでは無敵(敵なしです)
  • タクシー運転手によって対応が異なる
  • 道中楽しい!

ちょっと変わったことがしたいなら

オススメです!

以上

一平でした!