turntable – 渋谷にある最高級ホステル、女性に人気

シェアしちゃおう!!

Pocket

港区男子のミナトです!

 今日は太った男友達とオープンして2カ月しか経っていない渋谷にある”turntable“ホステルにやってきました!
 一泊6000円という通常のホステルの倍の価格がするturntable、はたしてどれほどのものか期待大です!

集合

 20:00に渋谷駅に集合。ホステルは渋谷マークシティを出たところから徒歩5分の地点にありました。

turntable

到着

 マップも分かり易く、迷わずに到着出来ました。
 目的地のturntableは公園に隣接していて、確かにホステルの中では高級感を感じる外観でした。(写真は朝撮影)

turntable

 早速中に入るとレセプションが少し奥の方になるのですが、これまた高級感あふれる雰囲気。僕の今までのホステルイメージには無い趣がありました!

 客層は日本人と外国人が1:1で男女比は女性の方が多かったです。
 特にいらっしゃる日本人の人は年齢層も高く(40代?もちらほら)やはり今まで泊まってきたホステルとは雰囲気が違いました。

食事

 中に入ってみて知ったのですが、ここは1階がbarで2階がレストランになっているとのこと。ちなみにレストランのコース料理の価格は5000円か8000円となかなか良いお値段。雰囲気もおしゃれでした。

 流石の港区男子の僕も太った男友達とは行く気になれず「今度女性連れて食べに来ますね!」と言って外に繰り出してラーメンを食べました。笑 実際宿泊者はあまりレストランは利用しないそうです。

 それにしても男友達とホステルに来ると、食費を申し訳なさゼロで節約出来るので金欠味音痴の僕としてはありがたいです!

 ラーメンを食べた後に、男友達と1階の共用スペースにて「俺たちは本当に結婚できるのだろうか・・・」ということを3時間くらい語らいました。テラス席もあったので夜風にあたったり、屋内には大きなポスカで描かれたらしい絵があったのでその前でだら~んとしたり。
 この日の結論は「性格も大事だけど、やっぱりおっぱいが無いと結婚は出来ないよね・・・」でした。笑

水回り

 そろそろ寝ようか!ということでシャワーやらトイレやらに行ったのですが、流石6000円。何も不満無く利用出来ました。
 オープンしたばかりということもあって全体的にピカピカで気持ちよかったです!

turntable

turntable

turntable

 個人的には障害者用のトイレがある点がポイント高かったです!(入口は階段でしたが・・・)

就寝

 マットレスの敷いていある廊下を経て寝室にたどり着くのですが、寝室は普通でした。笑
 ただタオルは無料でベッドに置いてあり、シーツは既に敷いてありました。

turntable

turntable

turntable

 友達は人生初のホステルだったそうで、終始色々なものに興味津々な様子。結論「たまにはこういうのもありかもね~」という感じでした。笑

 僕としては今までのホステルにあった小さなサバイバル感?やバックパッカー時代を思い出す感じは無かったのが残念だったものの、ワンランク上のホステルを感じることができて面白かったです!

 ただ6000円でホステルは高いな~笑 個人的には4000円を超えたら高いと感じてしまうので、turntableもなんとか4000円に収めてほしいなと思いました。

turntable